Hot Spring Banjar Tegaha

バンジャール・テガ温泉

場所 Lovina近郊

時期 2007年10月 



バンジャール・テガ温泉

緑の中に温泉が〜

ほとんど硫黄の匂いはしませんでした。

日本の温泉とは違って、皆水着着用デス。

杏はビキニの上にTシャツと短パン(水着用)を履いて

そのまま入ってました。

タオルはホテルから持参したけど、

もしかしたら有料で貸し出しとかもあったかもしれません(未確認)

持参したものは・・・

タオル、着替え用のTシャツ、日焼け止めクリーム・・・かな?

あ、あと髪の毛をとまとめるゴムも。




周囲の様子

小川が流れたりして、かなりいい雰囲気。

料金は、大人1人Rp.3.000(約38円)で、

入口で払いチケットをもらいます。

お土産屋さんが並ぶ通りを通って(そんなに客引きはしつこくないデス)

welcomeの門の所にいるスタッフにチケットを渡したら

着替えて、あとは至福の温泉タイムですっ。

お湯の熱さはぬるめですが、のぼせないように

途中何度か水の出るシャワーを浴びてまた温泉へ・・・。




打たせ湯?

人がいたので、あんまり写真が撮れなかったのですが

大きめの場所が1つと小さめのが2つあったかな?

この画像に写ってるのは大きめの温泉プール。

ここは泳げるくらいの大きさです。

でもって流れ出る湯に皆、身体を委ねてうっとり・・・(笑)

ここの打たせ湯(違?)は優しい強さですが

私のお気に入りは小さめの温泉プールにある

激しく痛い打たせ湯でした(笑)。

最初はかなり痛いんだけど、だんだん病みつきに・・・。

来ているのは地元の人と、観光客が半々ぐらいだったでしょうか。

皆、のんびり思い思いの時間を過ごしていました。

バリで温泉・・・・。なんてゼータク!!!




ドリンクを売っているワルン(雑貨屋さん)

この奥に着替えのためのスペースが・・・。

一応荷物を入れておけるロッカーもありましたが

なんとなく不安だったので利用しませんでした。

この場所には貴重品を持っていかない方が、

落ち着いて温泉タイムを楽しめるかと思いまふ。




レストラン(たぶん)

ワルンの上には食事が出来るような場所もありました。

誰もいなかったので食べられるかどうかは不明・・・(汗)



予定は未定、とはよく言いますが、今回は突然決めたロビナ行き。

ロビナの街から少し離れた温泉ですが、

行って良かったです。

ものすごく気持ちよかった!

杏の中で、"ロビナ=温泉"という印象が植え付けられてしまいました(笑)


<この情報は、2007年10月時のものです>