cafe KITA

Jl. Hanoman 43, Ubud <MAP>
TEL ( 0361 ) 7443214

食べた時期 2006年9月・10月

お気に入り度 



Bubur Udang (エビのお粥) Rp. 15.000 (約195円) 

cafe KITA は、今回のバリで一番お世話になったレストランです。

なぜかと言うと・・・

お腹を壊したから・・・・(号泣)

未だかつてバリッ腹になったことがなかった私にとっては、何気にショックでした。

そこでお腹に優しいブブル(おかゆ)のある、このお店に通うこととなりました。

お腹が痛くなっても、宿はすぐ近くのロスメンなので安心だし・・・。

何よりここのブブルは中華粥のようで美味しいデス。

Udang(エビ)以外の具は、人参と青菜のみで、とてもシンプル。

だけどコクがあって、食べ応えがありました。




Cap Cay (中華風野菜炒め) Rp.18.000 (約234円)

これはお腹を壊す前に食べた時のものです。

かなり野菜不足を感じていたので、

大好きなチャプチャイを食べることに。

これは可もなく不可もなく・・・。

ピーナッツの手前に写っているのは、

野菜のピクルスのようなものですが、これが美味しかった(笑)!

オーナーは、チャイニーズ系インドネシア人の Iwanさんという人ですが、

大抵店にいて、お金もうけの話しをしていました(笑)




Bubur Ayam (チキンのお粥) Rp.15.000 (約195円)

お粥の種類はエビとチキンの2種類のみ。

一見、ブブル・ウダンと区別がつきません(笑)。

が、一口食べてビックリ!不味い!!

何故か・・・。

アヤムの方は美味しくないのかとも思ったのだけど、

何度か通ううちに謎が判明。

作る人によるのです(笑)。




美味しくない日のブブル・・・

上手な人が作るブブルには、必ず隠し味(隠れてないけどw)として

ガーリックが入っているのですが、

ヘタッピな人が作るとガーリック抜きです。

とてもとても間の抜けた味付けだし。

そして黒胡椒がピリッと効いているはずが、黒胡椒もナシ。

こうも味が違っちゃダメでしょう〜↓↓

ヘタッピな(練習中なんかな?)人に当たったら、

残念ながら美味しくないデス。




Hot Orange Rp.9.000 (約117円)

ホットレモンが美味しかったので、

翌日はホットオレンジにしたら、これは失敗。

とっても薄くて物足りない感じでした。