Warung MADE

Jl.Hanoman, Padang Tegal, Ubud

(ハノマン通りを南下したところ。目安としてはBarandi の手前)

食べた時期 2004年

お気に入り度 



Nasi campur 

おばちゃんと、若い女の子たちでやっているワルン。

このおばちゃんがクセモノで、会話した後はとても疲れます(笑)

メニューはナシチャンプルのみ。

以前は、もっと奥まった細道にあったのに、

今ではハノマン通りの通り沿いに新しくオープンしていました。

商売繁盛したようです。

地元の人たちは、ティガリブ(Rp.3.000)を払っていたようですが、

私が精算するときは、必ず「にやっ」と笑ってから

「リマリブ(Rp.5.000)」と言います(笑)



    最初の頃に食べたナシチャンプル

初めてここのナシチャンプルを食べたときは、

ほんとにご飯におかずがチョロチョロのっかってる感じでした。

肉なんてほとんどなかったし(涙)

あんまり美味しいとも感じませんでしたが、宿泊ホテルが近いせいもあり、

何度か通ってしまいました。

不思議なことに、通ううちにだんだんおかずが増えていきます・・・。

そしてここのおかずは揚げ物が多い!

エビや魚を揚げています。よくわからないものも揚げています。

料理名がわからないのですが、ジャックフルーツのおかずと、

ラワール(野菜と豚肉・または豚の内臓を和えたもの)が、

ここのおかずの中では好きでした。

そして、バリ島最終日のお昼ご飯が、1番上の写真です。

(ワルンゴハンが最終日のランチって、ちょっと悲しいけど)

なかなか豪華なナシチャンプルでした。

かなりボリュームがあるので、元気でないと食べられません。


<このワルンの情報は、2004年時のものです>