Nasi Campur Rp.34.000(約323円)

Miso Soup Rp.6.000 (約57円)

この時は16時くらいだったでしょうか。

もう肉と魚のおかずが売り切れていて、

野菜だけのナシチャンプルとなりました(涙)

上から時計回りに、春菊ともやしの和え物、玄米、

なにかのフリッター、じゃがいものコロッケ、です。

私は春菊が好きではないのですが、

何を血迷ったのか、春菊をたのんでしまいました(汗)

日本語表記もあったのに・・・(お馬鹿?)

もうこれは仕方ないのかもしれませんが、

この3品じゃご飯がすすまない・・・(涙)

醤油を付けてくれるのですが、私はコロッケにはソース派なのよ・・・w

スタッフに頼めば、ソースも出してもらえます。




ある日のナシチャンプル

左から順に、鶏肉の南蛮漬け、魚のグリル、豆腐ステーキ?です。

別皿のは思い出せないんだけど、イタリア風のサラダだったと思う。

細かいことは忘れましたが、全部美味しかったのは覚えてる。

特に久しぶりに食べた南蛮漬けの美味しいこと(笑)!

バリでは、全くといっていいほど日本食を恋しく思わないのですが、

この鶏肉の南蛮漬けを食べたとき、

急に”日本食ラブ”のスイッチが入ったような気がします。

もう少し酢が強いほうが好みではあるのですが、

ご飯によく合う味付けで、がっつり食べてしまいました。




Ginger & Lemon & Apple Juice Rp.18.000

通常は、ジンジャー&レモンか、アップル&キャロットといった

2種類のジュースなのですが、

色々と組み合わせを変えることも出来るようです。

この時は、ジンジャー&レモン&アップルで。

この組み合わせも美味しい。




店主のさつきさん

日本人女性がオーナーなので、

ワルンの味も、彼女の作る日本料理がベースになっています。

店内にはスピッツの曲が流れていて、

ほのぼのしてしまいました。




店内の様子

小さなワルンですが、明るくてナチュラルな雰囲気です。

2階はお手洗いと、石けん工房スペースになっていました。

さつきさんが作っている石けんを購入することも出来ます。




火曜日はオーガニックマーケット開催

野菜農家の人たちが、直接売りに来ているようです。

新鮮な野菜を求める在住の人たちで、

早い時間はちょっと殺気立ってました(笑)



ウブド中心部から少し離れた、プネスタナンという地域にあるワルンです。

お客さんはヘルシー志向の在住者が多かったように思います。

ヨガウエアを着た人もよく見かけました。

正直、短期の旅行だったらあまり行かないと思うのですが、

長期旅行者には、本当にありがたいワルンとなりそうです。

スパイシーなインドネシア料理や、こってりした西洋料理に

胃が疲れたころ、ここの味が無性に恋しくなりました。

朝はまだおかずが出揃っていませんが、

トーストやバナナパンケーキなどの朝食メニューもあります。

お勧めの時間帯は、おかずも揃い、まだ温かさの残る11頃でしょうか。

プネスタナンにはまだまだ食事の出来る場所が少ないので、

こうやって新しいお店がオープンしてくれると

すごく嬉しくなります。


<このワルンの情報は、2010年10月時のものです>
 PAGE TOP ▲